異次元の冬将軍に備えたい 除雪体制の危機|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]

異次元の冬将軍に備えたい 除雪体制の危機

2016/10/3 

いいね ツイート 印刷
0

冬の到来を前に、業務委託説明会の開催など、道路除雪への備えが各地で始まっている。しかし、これまで地域建設業が支えてきた除雪体制は危機的な状況に置かれている。全国建設業協会(全建)が行ったアンケート調査によると、多くの会員企業が現行の体制の維持が困難だと訴えた。採算性の低さなどを理由に、6年後も体制を維持できると答えた企業は全体の3割に過ぎない。除雪費用の確保や、人口減少と高齢化が著しい地方の支援体制の在り方など、検討すべき課題が山積している。
 降雪量の多寡にかかわらず、冬場に地域の建設業が果たす役割は極めて大きい。通学・通勤や医療・消防などのルートを確保するために、多くの建設業者が使命感を持って業務に当たっている。
 しかし、地元住民からの期待も高い業務の体制維持が難しいのはなぜか。一番に挙げられるのは、稼働時や待機時などに要する経費の不足だ。これまでも業務の代価は十分ではないといわれてきたが、特に巡回パトロール、機械にかかる費用などの不足が全建のアンケートで明らかになった。
 また、降雪量や稼働期間とは関係なしに発生するオペレーターなどの人件費が各企業に重くのし掛かる。除雪機械のメンテナンスにかかるコストもばかにならない。ある建設業協会が以前行った調査では、自社保有機械の3割が20年以上前に初年度登録されたもので、しかも「更新も買い替えもできない」状況の企業が多いことが明らかになっている。
 こうした状況に加え、近年の少雪傾向が除雪業務の採算性の低下を招いている。全建のアンケート調査によると、道府県と市町村の発注業務では「利益なし」が4割近くに達し、市町村に至っては2割弱が「赤字」だという。
 何より、多くの企業が頭を抱えているのが人員の確保だ。建設業の本業と同様に、高齢化や後継者の経験不足といった課題も指摘されている。
 人員確保の難しさは、現場作業の過酷さも影響していると言えるだろう。ある県では、作業に嫌気が差したオペレーターが除雪機械を放置したまま、職場を放棄するという事態が起きた。また、自宅前の除雪を後回しにされたと思った住民からスコップを投げつけられるケースも発生している。「苦情処理を業者任せにするのはやめてほしい」「せめて自宅前ぐらいは自分で除雪してほしい」との声が上がるのもうなずける。
 これ以上、除雪体制を弱体化させないためには、発注機関による財源確保が不可欠。また、除雪による多くの受益者に業務の意義を広く理解してもらうことも重要ではないか。そうした努力が作業に従事する人々に誇りを持ち続けてもらうことにもつながるはずだ。
 地球規模の気候変動によって、これまでとは異なる次元の自然災害が多発している。ある企業は「除雪は一種の災害活動だ」とアンケートで指摘した。発注機関と建設業界、そして地域社会は、これまでとは異なる次元の”冬将軍との戦い”に備え、地域事情に即した減災のためのより良い体制を再構築しなければならない。

オートデスク 東部
技研製作所
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
日建リース工業
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

アクト
サンコーテクノ

企画特集

シーティーエス2
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 コラム 建築データ 予算情報