建滴 適切な工期の確保|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

建滴 適切な工期の確保

2016/5/16 

いいね ツイート 印刷
0

「土曜日を当たり前に休める産業にしたい」―。労働者の処遇を改善し、ひいては建設産業の魅力を向上させたいとの思いは業界の誰もが普通に抱いている思いであろう。公共工事設計労務単価引上げなど雇用・就労環境を改善するための施策がこの数年間で次々と講じられてきた。建設業従事者の処遇は徐々に改善されつつある。こうした中、いまは休日の確保と、それを実現するための適切な工期設定が重要なテーマの一つとなっている。
 しかし、どうも現場での休日取得はあまり進んでいないようだ。日本建設業連合会(日建連、中村満義会長)が行った調査によると、工事開始時に4週4休しか確保できない現場は全体の約半数に上っている。4週6休以上を設定した現場であっても、計画通りに取得できたのは4割弱にとどまる。4週6休以上の休日設定をしなかった理由として一番多かったのは「工期が厳しい」で、実に8割以上を占めた。
 積算上、休日は確保されているにもかかわらず、なぜ取得が進まないのだろうか。さまざまな要因があろうが、日建連の調査結果から見えてくるものがある。直轄トンネル工事の工程を調べたところ、準備工事の精査や、条件明示の不整合などで生じる遅れに対応するため、契約工期に間に合わせる「休日の圧縮」が行われているというのだ。
 これは、工程に関する受発注者間の認識のズレを示しているとも言え、準備工事と後片付け期間でその傾向が顕著だ。例えば、工期約37カ月のトンネル工事の場合、積算工程(受注者が過去の経験値から類推)と実際の工程では準備工事で2カ月、後片付けで1カ月の乖離(かいり)が生じていたという。
 さらに、準備工事前の作業期間や後片付け期間の条件明示の在り方が、各地方整備局によって異なることも明らかになっている。積算資料などでは必要日数が開示されている例は多いが、記載日数や内容にバラツキがあり、特記仕様書では具体的な記載が見られない。現在、直轄案件を中心に、モデル工事が試みられているが、これでは「週休2日」の実現はほど遠い。
 また、日建連の調査結果は工期の延長に至る現場が多いことも示している。過去3年間、工期が延長された工事の割合は60%台で推移。主な理由として挙げられているのは、追加工事の発注の他、設計条件の見通しの甘さや設計図書の不備などだ。条件明示が不十分だったために、工期の確保に影響したケースも4割以上あった。
 不適切な工期設定は長時間労働の増加ばかりでなく、人員・資機材の手配などにロスが生じ、企業から利益を奪いかねない。大手ゼネコン以上に中小企業や専門工事業への影響は大きい。
 日建連では、適切な工期設定と休日確保に向け、準備や後片付けの期間などについて発注者との共通認識を持つことを最初の一歩と捉えている。11日からは、適切な工期設定などを主要テーマとする、各地方整備局との意見交換会が始まった。休日も給与も「当たり前」に得ることができる産業を目指し、地方への波及も視野に入れた建設的な議論を期待したい。

オートデスク 東部
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
あさかわシステムズ
根本
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

PLCパートナーズ
BBeng
あさかわシステムズ

企画特集

あさかわシステムズ
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 コラム 建築データ 予算情報