私の建通新聞の読み方、活用方法、思い出|商品案内|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
フルハシEPO

私の建通新聞の読み方、活用方法、思い出

江戸川建設業協会 会長 株式会社 イチグミ・代表取締役 西野 輝彦様
購読年数
東京版22
江戸川建設業協会(東京都) 会長
株式会社イチグミ 代表取締役
西野 輝彦様
 世界的な100年に一度と言われた大不況が来、そして未曾有の大不況のみならず世紀の大震災が訪れ・・・。低迷する日本経済に更なる混迷をもたらしたこの大震災によって日本国はどの様になるのだろう・・・。その様な中で建設業と言う業種で日々飯を食い、その建設業に於ける専門媒体として情報提供を頂いている状況に改めて感謝をしているところであります。今、改めて「活字は残る」事の情報媒体としての重要性を感じているところであります。先般、協会を代表して江戸川区そして浦安市長に直接義援金を渡しに行きましたが、建通新聞の担当者にもご同行をいただき、取材をはじめ組織としてのPR活動にお力添えをいただきました。政治家やプロスポーツ選手ではありませんのでPRの意味合いが違いますが活動状況をつぶさに知って頂く、その様な必要性を強く感じているところであります。ある時には、役所の方から建通新聞を見てお電話頂き激励の言葉を掛けてもらい、又、確か「思い出に残る一曲・・・」と題するコラムを載せて頂いた時だったと思いますが、娘の話を書いた部分について懐かしい人から連絡を頂き改めて父親としての責任の重さを感じたものでした。
 震災翌日、手書きで書かれた「石巻日日新聞」の事が取り上げられ日本人の底力を見た思いでありますが、一人では集められない情報を色々な人が色々な方法で集め、多くの人に見てもらう(読んでもらう)。コンピューター社会に於いても人の心を動かす情報は足で集め、手でつくる・・・。そんな五感を揺さぶる思いをさせて頂く専門媒体として、ますます重要な役割を担っていると思っています。
 今だからこそ「日本は大丈夫!」や「がんばろう!日本!」この様な言葉の重要性を伝えて頂く専門媒体として、より強く思いますのは我々建設業界が新しい日本を創り上げる一翼を担うと言う気持ちを伝えて頂く媒体として更なる活躍を僭越ではございますが区内の業界を代表して申し上げたい気持ちであります。
>慶應義塾大学 特任教授(東京都) 米田 雅子様
購読年数
東京版8
慶應義塾大学 特任教授(東京都)
米田 雅子様
 「建通さん」といつも呼んでいます。
 建通さんはローカル紙と自称しながら、全国への情報発信もできる開かれたローカル紙です。
 工事情報がメーンと言いながら、どうして、業・行政記事も充実していて、とても参考になります。例えば、私が取り組むテーマである「建設業の複業化」では、農商工連携や林建協働、環境ビジネス、介護・福祉などについて、農林水産省や経済産業省、環境省、厚生労働省など関係省庁の情報もしっかりと報道されています。
 これからの地域の建設業を考える上で、建通さんはなくてはならない新聞です。
株式会社 渡辺組 代表取締役 渡邉 一郎様
購読年数
神奈川版27
株式会社渡辺組(神奈川県)
代表取締役 渡邉 一郎様
 貴紙につきましては長年自宅で購読しております。早朝、貴紙を片手に新聞配達員がエレベーターで上昇する音で目が覚め、玄関ドアを開け建通新聞を手に取ることから私の一日が始まります。この仕事に就き30有余年、現在は経営者の立場で会社を運営し、様々な情報を求め日々経営に役立てることを心がけております。国内外の建設の動向、県内、横浜市の公共工事の情報、民間工事の情報を読み大事と思われる項目はチェックし、出社後内容に応じて営業担当者や工事担当者とディスカッションします。若い頃、先輩に業界紙に掲載されている情報ではもう遅いと言われましたが、今、自身が周りより先輩と言われる年代になり感じることは、紙上で知った情報が役に立つか否かは、それを知り得た読者の活用次第ということです。多くの情報の中で本当に実を結ぶのはわずかです。しかし少ない果実を確実にする為に、多くの情報が必要です。建聞録や業界の情報、他業界の情報、同業他社の記事は会社運営に役立ちます。特に同業他社の記事は同じ悩みを抱える立場として参考になります。又、入札速報はネットで知る情報以上に広範囲の関係官庁が掲載されており、その情報を利用するか否かは適宜判断しております。今後、貴紙に望むことは現在の内容以上に経営者そして各社担当者が業務に役立つ記事(建設業以外の関連の産業の動向、各社の中心的人物の紹介等)を充実して頂きたいと考えております。
(株)白鳥建設 代表取締役 白鳥 勝平様
購読年数
静岡版43
株式会社白鳥建設(静岡県)
代表取締役 白鳥 勝平様
「思いがけない情報が目にとまる」
 私の会社では1969年以来、建通新聞を購読している。建通新聞は公共事業の情報を得るためのメディアとして、全国紙の業界紙とは違い、特にローカル情報を知るうえで重宝している。同紙はより地域に密着した取材により、行政や企業の動き、さまざまな工事情報が掲載されている。中でも官公庁の入札情報については、県内の発注機関ほとんどの情報が入手でき、ある時期までは建通新聞が貴重な情報源だった。入札情報については時代の変化と急速なパソコンの普及により、国・県をはじめ地方自治体がインターネットでの公表を開始してから、誰でも情報を得ることができるようになった。しかし、インターネットで見るには官庁ごとに検索する必要があり時間がかかる。その点、新聞は何といっても一覧性があり、素早く自分が知りたい官庁を探すことができるとともに、思いがけない情報が目にとまることもある。近年は大きな変革の時代にあり、建設行政も制度をはじめさまざまな施策を展開しており、また建設業界や同業他社もいろいろな取り組みを行っている。こうした情報を掲載していることから、建設業界に身をおく者としては、入札や工事情報もそうだが、建設産業全体の動向を知るために建通新聞の必要性を感じている。
一般社団法人三重県建設業協会 会長 山下 晃様
購読年数
中部版41
三重県建設業協会(三重県)
会長 山下 晃様
 地域のニュースを伝えてくれる建設専門紙は、地元に根差して仕事をしている私たちにとって、無くてはならないものといえます。建通新聞は、地域に密着した建設専門紙として、私たち建設業界が必要とするさまざまな情報を毎日届けてくれる心強い存在です。
 営業に欠くことのできない入札情報や工事ニュースをはじめ、入札契約制度など建設業行政の動向、そして他団体の活動を知るため、毎朝一番に建通新聞を手に取る方も多いと聞きます。
 地元業者が地域を守るために果たす役割の重要性は、東日本大震災でも明らかになりました。それぞれの地域で災害復旧を担っている当協会の会員も、業界を取り巻く厳しい環境に負けず、企業努力を重ねてがんばっています。
 業界団体として行政に対し諸課題への対応を要望していく中、知事との新春対談、行政との意見交換会など、きめ細かく取材し、紙面にとりあげていただくことを、いつも心強く感じています。これからも地域に密着した建設専門紙として、業界の発展に協力していただくことを期待しています。
大日本土木株式会社大阪支店 土木営業部 部長 sc 雅彦様
購読年数
大阪版23
大日本土木株式会社(大阪府)
大阪支店 土木営業部
部長 sc 雅彦様
私の朝は、「建通新聞」に目を通すことから始まる。就業時間までに落札情報や、入札公告にチェックを入れパソコンに向かう。特別な事が無い限り、それが私の日課であり一日の始まりである。
数ある業界新聞各紙の中で「建通新聞」の掲載内容は、特に私ども建設業界に欠かせない新聞となっている。営業に来て初めて手にした受注、そして初めて手掛けた案件が活字となり紙面に載った時は、やはりとてもうれしかった事を覚えている。誰にも聞こえないよう心の中で「やったー」と叫んでいた。建通新聞の紙面を飾る、何度味わっても心が躍り紙面の活字が営業マンの魂を奮い立たせ刺激を与える事になる。私もそのうちの一人である。
これからも多種多様な情報提供をお願いするとともに今後の益々のご発展を期待しております。
大阪府塗装工業協同組合 専務理事兼事務局長 石田 悟一様
購読年数
大阪版11
大阪府塗装工業協同組合(大阪府)
専務理事兼事務局長 石田 悟一様
 建通新聞社との出会いは、今から約10年余前になります。それまで塗装や塗料関係の業界新聞社のみとお付き合いさせていただいておりましたので、建設業界全般のニュースに触れる機会はあまりありませんでした。購読し拝読させていただき感じたのは、建通新聞の利点は二つだと思っております。
 一つ目は国土交通省などの人事異動の紙面です。私どもの組合が日頃お世話になっている方が異動された時に在任中のお礼を発令日に確実に新たな赴任先にお送りすることができます。組合員企業は事業者ですので利害関係がありますが、協同組合そのものは建設の事業を提供しておりませんので、受発注に係る利害関係が全くありません。従って、お礼状を送る方も、また、受け取る方も気兼ねなくできます。私は、団体事務局の大きな仕事の一つに行政機関等との良好な関係を築き、継続していくことだと考えております。人事異動は公務員には必ずあり、新たな赴任先が私どもと無関係の部門に配属されても、いずれお会いする機会が生まれることもありますので、お礼状は欠かせないマナーだと思っておりますし、官民に関係ないことでもあります。
 二つ目は監督官庁が行っている各種会合、調査結果等の記事です。役所主催の会議や役所のヒアリング結果、役所の実態調査などの記事は、とても役立つ情報であります。記事で概略を掴み、詳細資料を取り寄せ、今後の組合活動の参考となるばかりか、行政が今後、どのような方向で施策を実施していくかを読みとれることがとても重要な要素だと思っております。そうした情報を把握していると、何かの機会に役所とお話をする際、少し話題になっただけでも、相手方にとっては、情報を収集しているなと、思わせることができ、一目置いていただける事が我々業界の地位向上に、少しは役立つのではないでしょうか。
 業界新聞の活用方法は千差万別です。私も場合は上述のような活用をさせていただき、本当に役に立っております。これからも早く正確な情報提供に努めていただき、私のような団体職員にとって、勉強できる内容に一層磨きをかけられますよう大いに期待をしております。
株式会社川原塗装店 取締役 川原 義博様
購読年数
大阪版23
株式会社川原塗装店(大阪府)
取締役 川原 義博様
 建通新聞は昔からの付き合いで購読しており、私が入社した15年前から新聞自体は知っていた。ただ正直な話、付き合いだけで全く読んでおらず、そのまま平積みされている状態だった。その後何年か経過し、たまたま新聞を開いたら様々な発注機関の入札情報がたくさんあり、「今まで見過ごしていたのでは」との思いを強く持った。それまでは塗装業の限定された地域の指名競争入札のみだったが、工種・地域・入札参加先も広げ現在に至っている。近年は各発注機関で電子入札の導入が進み、入札公告や結果は新聞がなくともすぐにチェックできるようになった。ただ、全部チェックしているつもりでも、業界活動や地域活動に参加する必要もあり、公告を見落とすことがよくある。建通新聞は読まないと損ですね。
(株)平成企画システム 代表取締役 光延 憲之様
購読年数
岡山版21
株式会社平成企画システム(岡山県)
代表取締役 光延 憲之様
 長年、日本の社会基盤整備を支えてきた建設業界。近年では社会や発注者から求められる能力は年々高度化し、岡山県内の自治体でも入札制度の改正をはじめ、さまざまな対応が必要となっています。積算ソフト販売を手掛ける弊社でも各自治体の動向を注視しているところですが、建通新聞は工事ニュースのみならず、中央ニュースや県内のさまざまな総合ニュースを取り扱っていることから情報ソース源として重宝しています。弊社は、積算ソフトのほか、中小建設業者を中心に経営指導、全般的な業務改善などに対してのアドバイス業務も行っており、今後も的確に素早い情報の提供を期待しているところです。特に入札制度の改正など今後の方向性がわかる記事は、弊社でも積算ソフトの改良を進めていくための指標として役立っています。また、このほど協同組合東日本復興支援センターを立ち上げて、県内の中小建設業者を中心に会員を募集していますが、その意味でも被災地での活動状況の記事についても期待しています。
徳島県設備業協会会長 栗本 利幸様
購読年数
徳島版37
徳島県設備業協会(徳島県)
会長 栗本 利幸様
 建通新聞には、地域に密着した工事記事はもちろん、業界団体の動きなども載っています。
 徳島県設備業協会でも、協会員が建通新聞の内容を話題にすることが多いのですが、これは、今後の発注情報や経済情報、その他について、その内容が営業戦略に必要で貴重な資料として活用しているからだと思います。
 今後とも主要発注官庁、関連団体の動きとともに、業界の情報を常にいち早く掲載していただきたいと思います。
高知県測量設計業協会 会長  橋口 孝好様
購読年数
高知版35
高知県測量設計業協会(高知県)
会長 橋口 孝好様
 「建通新聞・高知」には建設行政や建設関連業界の動向が詳細に掲載され、われわれ建設業界にとって欠かすことのできない新聞です。
 特に入札情報につきましては、工事から測量や調査・設計に係わるすべての情報が掲載されており、高知県内の建設事業の詳細な情報を得ることができます。私共の測量設計業協会としましては、関連の深い測量・設計業務受発状況について整理・分析を行い、発注者への提案、要望の基礎データとして大変有意義な利用をさせていただいています。
 また、日頃の協会活動についても、丹念に取り上げていただいており、情報発信という観点からも建設業界の健全な発展をサポートする専門紙の存在意義は今後ますます高まるものと思っています。
池田興業株式会社 四国支店工務課 営業課長 戸井 秋徳様
購読年数
愛媛版46
池田興業株式会社(愛媛県)
四国支店工務課
営業課長 戸井 秋徳様
 入社した頃からなので30年近く愛読しています。若い頃は現場が忙しくて正直あまり見ていませんでしたが、公共工事に関わってくるにつれ、自分の立場が上がってくるにつれ自然とよく目を通すようになりました。建通新聞から得た情報で営業のアクションを起こしたこともありますし、顧客と話す中で「この前○○の仕事とってましたね」などと話のきっかけや広がりに繋がっています。掲載情報を信頼していますので、噂で聞いていた案件が新聞に載ると「確定した」感じがしますね。
 入札面は情報を詰め込んでいるので仕方ないかもしれませんが、慣れるまでは見にくい気がします。建通は公共工事には強いので、民間の川上情報の充実を期待したい。仕事量は少なくなっていますが、これからも豊富な情報提供をお願いします。
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 コラム 建築データ 予算情報