メールマガジンバックナンバー 【建通新聞メールマガジン】|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
近畿コニシベステム工業会

メールマガジンバックナンバー

絞込み検索
地域:
年:  年
表示件数:
メルマガ検索:
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
    ■◇■ 建通新聞社メールマガジン みみとく通信 【第38号】■◇■ 
            (2007.12.17 デジタル建通運営事務局提供) 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
 読者会員サイト「みみとく」 

■index■ 
┏●プチアンケート第22回 =「みみとくの利用について」=
┣●低価格受注問題 発生メカニズム把握へ(国交省)
┣●道路特定財源 暫定税率10年維持!(政府・与党)
┣●連載コラム 「建設業の戦略営業−営業マネジメント編−」=第10回=       
┣●改正建基法の円滑な施行へ 新たな取り組み(国交省)
┣●構造関係規定見直しへ 官民連携の検討組織設置!(建防協)

■■■=☆ 皆様のおかげで1500万ページビューを突破 ■■■=☆
12月14日から「みみとく」をバージョンアップし、「みみとく2.0」としてリニ
ューアルしました。「みみとく2.0」では、国土交通省をはじめとした中央行政
やご購読地域のニュースをトップページとし、購読者の皆様に建設産業界のニュ
ースをより早くお知らせできるようにしました。また、新コーナーとして「編集
長のおすすめ」記事や、経営・営業に役立つ「ビジネスコラム」、会員限定のお
得な商品を紹介する「みみとくで得トク!」(リニューアル第1弾は、デジタル
製品特集)なども設けました。
リニューアルした「みみとく2.0」(www.kentsu.co.jp)を、ぜひご覧ください。

…………………………………………………………………………………………
◆みみとく会員限定の新コーナー「みみとくで得トク」がオープンしました。今回はデジ
 タル製品特集です。リーズナブルなお値段で提供しています。ご覧、ご利用ください。
【デジカメ】
☆薄暗い工事現場に強い!「FinePix」69,800円!
       https://www.33109.jp/feature/news/20071213_1.html
☆現場監督にお薦め!「リコーキャプリオ」79,800円!
       https://www.33109.jp/feature/news/20071213_2.html
☆手軽さなら!「ケンコーDSC50」11,655円!
       https://www.33109.jp/feature/news/20071213_3.html
☆世界最速AF搭載!「オリンパスE-3」220,000円!
       https://www.33109.jp/feature/news/20071213_4.html
☆水中撮影に特化!「オプティオW30」42,800円!
       https://www.33109.jp/feature/news/20071213_5.html
【パソコン】
☆顧客満足度第1位!東芝パソコン「SatelliteJ70」115,500円
       https://www.33109.jp/feature/ad/20071213_3.html
【プロジェクタ】
☆手軽なホームシアター誕生!東芝ホームシアタープロジェクタ176,400円!
       https://www.33109.jp/feature/ad/20071213_2.html

…………………………………………………………………………………………
◆みみとくプチアンケート(第22回)
「テーマ」 「みみとくの利用について」
(※アンケートに答えるには、回答URLをクリックしてください。)

Qどの程度の頻度で利用している?

@頻繁に利用(ほぼ毎日)  http://www.33109.jp/enqans.asp?id=29&cd=1&ans=1
A時々利用(週1〜2回程度)http://www.33109.jp/enqans.asp?id=29&cd=1&ans=2
B月1〜2回程度      http://www.33109.jp/enqans.asp?id=29&cd=1&ans=3
Cあまり利用していない   http://www.33109.jp/enqans.asp?id=29&cd=1&ans=4

Q充実してほしい記事情報は(2つを選んでください)?
@官庁・民間の工事情報      http://www.33109.jp/enqans.asp?id=29&cd=2&ans=1
A入札情報            http://www.33109.jp/enqans.asp?id=29&cd=2&ans=2
B行政や団体の業界動向      http://www.33109.jp/enqans.asp?id=29&cd=2&ans=3
C各企業の新技術・新製品     http://www.33109.jp/enqans.asp?id=29&cd=2&ans=4
D他社の取組など経営に役立つ情報 http://www.33109.jp/enqans.asp?id=29&cd=2&ans=5
Eその他             http://www.33109.jp/enqans.asp?id=29&cd=2&ans=6

━━━AD━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
【書 籍】 「住宅・建築・リフォーム業の『クレーム対処法』Q&Aと事例でよくわかる」発刊しました!!
      →(http://www.kentsu-it.jp/book/book.html)
【DB】官庁の入札・民間の建築・経審・設計事務所まとめてご提供!! 
    概要→ http://www.33109.jp/register/register_howto.asp 
    申込→ https://www.33109.jp/register/register.asp?ViewStatus=register_newentry) 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

---------------------------------------------------------------------- 
★ NEWS DIGEST 
---------------------------------------------------------------------- 
1.低価格受注問題 発生メカニズム把握へ(国交省) 

国土交通省は、有識者の委員らで構成する「低価格受注問題検討委員会」を設置
し、低価格受注が元請け・下請け業者に与える影響や発生メカニズムを把握する
ための調査などを実施する。直轄工事での低価格受注は、極端な低入札者に対す
る「特別重点調査」の実施や、「建設業法令遵守推進本部」の設置による法令違
反行為の取り締まり体制強化によって減少しているものの、地方公共団体ではま
だ改善に至っていないのが実状だ。

----------------------------------------------------------------------
2.道路特定財源 暫定税率10年維持(政府・与党) 

政府・与党は、道路特定財源の暫定税率を2008年度以降10年間現行の水準を維持し、
道路整備中期計画に基づいた「真に必要な道路整備を計画的に進める」との方針を
決めた。現在策定中の中期計画については、59兆円を上回らない事業量とするもの
の、5年後をめどに社会経済情勢や財政事情などを踏まえ見直す。歳出を上回る税
収は、環境対策など納税者の理解が得られる範囲内で07年度の1800億円を上回る額
を一般財源として活用。道路整備の必要性を訴える地方の声には、地方道路整備臨
時交付金の対象拡大と交付率の引き上げ、5年間で総額5000億円規模の無利子貸付
制度の創設で応える。
 
---------------------------------------------------------------------- 
★ 連載コラム 「建設業の戦略営業」=第10回=「営業情報の共有化(1)」
(株式会社日本コンサルタントグループ建設産業システム研究所 副部長コンサルタント 酒井誠一) 
---------------------------------------------------------------------- 
建設業の営業担当者は、ややもすると単独行動を取り、普段のコミュニケーション
が不足がちとなる。営業情報を共有化するということは、営業担当者同士の相互の
情報交換を通じて、より受注に結びつけるための情報活用を行うことに他ならない。
続きはhttp://www.33109.jp/mlmg/38/news/000000000001.html 
 
----------------------------------------------------------------------
3.改正建基法の円滑な施行へ 新たな取り組み(国交省)

国土交通省は、改正建築基準法の円滑な施行に向け、新しい申請図書の作成方法な
どを直接アドバイスする「建築確認申請支援センター」や、審査側・設計側の意思
疎通を図るための「建築確認円滑化対策連絡協議会」の設置など、新たな取り組み
方針を打ち出した。おおむね今月中に対策を講じる。
「建築確認申請支援センター」では、日本建築構造技術者協会(JSCA)や各都
道府県の建築士事務所協会の会員などが、構造基準の見直しへの対応、新しい申請
図書の作成方法などを無料で直接アドバイスする。

---------------------------------------------------------------------
★ 企業・各種関連団体NEWS 
----------------------------------------------------------------------
4.構造関係規定見直しへ(建防協)

6月20日に施行された改正建築基準法の構造関係規定を、現場の実態に合わせて見直
そうとする動きが浮上してきた。国土交通省所管の日本建築防災協会(建防協、岡田
恒男理事長)が、構造関係技術基準の在り方などを話し合う官民連携の検討組織を設
置。12月中に初会合を開き、2008年3月までに一定の成果をまとめる方針だ。
改正建築基準法の構造関係規定をめぐっては、実務者から「現場の実態からすると不
合理な取り決めが多い」といった指摘がある。こうした声を踏まえ、同委員会は「改
正建基法に関連して必要な構造関係技術基準の見直し及びその他の重要事項」を検討
していく。
 
---------------------------------------------------------------------
===================================  
発行:株式会社建通新聞社 デジタル建通 運営事務局 
http://www.kentsu.co.jp 

◇メールマガジン配信停止・配信先変更などはこちら 
http://www.33109.jp/jump.asp?vs=mlmg_end 

◇メールマガジンに関するご意見はこちら 
mailto:info33109@kentsu.co.jp 

※本メール・ホームページに掲載された記事を許可なく転載する事を禁じます。
	

バックナンバーリスト [全国版]

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 コラム 建築データ 予算情報