コラム|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
ライトアップ

コラム

建通新聞社では、建設業に詳しい専門家や著名人、経営者などが執筆したコラムを集めています。
経営や技術、法改正など旬のテーマを取り上げていますので、今後の経営改善などの参考にしてください。

建設キャリアアップシステムQ&A
第1回・技能と経験 処遇に反映

技能者の就業履歴を蓄積する「建設キャリアアップシステム」の大枠が、昨年12月の官民コンソーシアムで固まった。建設工事に携わる全ての事業者・技能者を対象に、システムへの登録が早ければ今夏にもスタートする。ただ一方で「システムに登録するメリットは何か」「どのような情報を登録するのか」「登録料金はいくらなのか」といった疑問を持つ事業者・技能者も現時点では多いはず。コンソーシアムの事務局を務めた国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課に、こうした25の疑問に答えてもらった。
 Q1. 建設キャリアアップシステムを構築する目的は
 Q2. システムに登録する技能者のメリットは

続きを読む

 
技能者の就業履歴を蓄積する「建設キャリアアップシステム」。「システムに登録するメリットは何か」「どのような情報を登録するのか」「登録料金はいくらなのか」―――事業者・技能者が抱く疑問に、コンソーシアムの事務局を務めた国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課に答えてもらった。
 

測る、描く、守る。
第16回 国土の変動、衛星で探る

「国土を測る」というと、測量技術者が観測機器を用いて角度や距離を測定したり、GPSなど測位衛星によって緯度・経度・高さを計測する過程を想像すると思います。これらは土木工事や地図作成に欠かせない技術ですが、近年では、人工衛星や航空機に搭載して、可視光よりも波長が長いマイクロ波で広範囲の地表面の変動を一度に観測できるセンサが開発され、地上の機器を用いることなく「国土を測る」ことができるようになりました。

続きを読む

 
建設産業にとっての地理空間情報は、もはや、測量分野やICT土工などに関わる人たちだけのものではない。このコラムでは国土地理院からの寄稿を連載。深化した測量の姿と進化し続ける地理空間情報の“いま”と“これから”をお伝えする。
 

測る、描く、守る。
第15回 建設業の足跡が地図になる

皆さんにとって、国土地理院が発行している地図のイメージとはどのようなものでしょうか。登山に利用される2万5千分1地形図、学生時代に目にした地図帳、行政手続きに添付する5万分1地形図など、シンプルな色使いの印刷された地図を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

続きを読む

 
建設産業にとっての地理空間情報は、もはや、測量分野やICT土工などに関わる人たちだけのものではない。このコラムでは国土地理院からの寄稿を連載。深化した測量の姿と進化し続ける地理空間情報の“いま”と“これから”をお伝えする。
 

東部 オートデスク
技研製作所
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
根本
あなたの知識やノウハウなどを建通新聞社ホームページで伝えてみませんか?
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

アクト
サンコーテクノ

企画特集

シーティーエス2
東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 コラム 建築データ 予算情報