【愛知県】無電柱化事業、新たな段階へ|建設ニュース 入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社

建設ニュース、入札情報の建通新聞。[建設専門紙]
近畿コニシベステム工業会

ホーム > 特集 > 特集 > 【愛知県】無電柱化事業、新たな段階へ

(2017/7/12)

【愛知県】無電柱化事業、新たな段階へ
〜推進法成立を追い風に〜

 

 無電柱化事業に追い風が吹いている。国に無電柱化推進計画の策定を義務付けた無電柱化推進法の成立や、低コスト手法の試行、PFIの導入と、この1年ほどの間に無電柱化事業を取り巻く環境は大きく動いた。中部地域でも直轄国道で低コスト手法の試行対象を検討中だという。新たな段階に入った無電柱化事業の現状を取材した。

 

低コスト化の手法が鍵に


 大規模地震で電柱が倒れて道路がふさがれるのを防ぐ、歴史的な景観を保全する、歩道の通行性を改善する――。こうした無電柱化の必要性とは裏腹に、整備事業の進捗は緩やかだ。ケーブル延長ベースで無電柱化率100%を達成しているロンドン・パリなど海外主要都市と比べると、名古屋市は国内3位であっても5%(道路延長ベース)をわずかに超えたところ。立ちはだかるのは大きな整備コストだ。
こうした状況が今、変わろうとしている。鍵となるのは管路を従来より浅い場所に設置する「浅層埋設」と、ケーブルを収納するボックスの小型化だ。国は2016年、浅層埋設基準を緩和するとともに、電力・通信ケーブル間に必要な距離基準を見直し、小型ボックスの活用に道を開いた。この3月には低コスト手法導入の手引き案を作成。無電柱化事業のネック解消に取り組んでいる。
中部地域はどうか。国土交通省中部地方整備局は17年度、道路関係の各事務所で、無電柱化の低コスト手法について電線管理者などの関係者との協議に着手。その後に設計を実施するとしている。


新潟・京都でモデル施工も


 モデル的な取り組みが進む地域もある。新潟県見附市は16年度、浅層埋設と小型ボックスを併用して電柱のない住宅地を整備するモデル施工に着手。小型ボックスが約130b、浅層埋設が約1`で、事業延長は約1.3`に及ぶ。
事業実施に際しては技術検討会を設置した。市の他、技術的な支援のため北陸地方整備局長岡国道事務所が参加。東北電力やエヌ・ティ・ティ・インフラネットなどとともに整備手法を検討した。
京都市でもこの2月、小型ボックスによるモデル的な無電柱化に着工した。現場は観光客でにぎわう花街、先斗町だ。歴史的な景観を取り戻すとともに、幅員1.6b〜4.4bという狭隘(きょうあい)な道路の通行を改善する狙いもある。事業延長は440bで、舗装復旧まで含めて19年度柱の完成を目指す。
地上機器を民地内に設置するなど、地域の協力を得ながらの事業となった。
見附市・京都市の担当者のどちらも、本紙の取材に対し、現在がモデル的な施工段階であることを強調した。工事の進行に応じて施工性を確認していくのだという。低コスト手法を一般化させる上でも、施工事例の蓄積と検証が重要になりそうだ。


京都市・先斗町の風景。狭あいな道を電柱が圧迫している

このページのトップへ

(2017/7/12)

 

オートデスク 東部
建設工事ニュース、入札情報を網羅した建通新聞のご購読を!
技研製作所
電子版のお申し込みはこちら 新聞(宅配)のお申し込みはこちら

ログイン

技研製作所

企画特集

東京都|
千代田区|
中央区|
港区|
新宿区|
文京区|
台東区|
墨田区|
江東区|
品川区|
目黒区|
大田区|
世田谷区|
渋谷区|
中野区|
杉並区|
豊島区|
板橋区|
練馬区|
北区|
荒川区|
足立区|
葛飾区|
江戸川区|
八王子市|
神奈川県|
横浜市|
川崎市|
横須賀市|
茅ケ崎市|
平塚市|
小田原市|
相模原市|
大和市|
厚木市|
静岡県|
沼津市|
富士市|
静岡市|
浜松市|
愛知県|
岐阜県|
三重県|
名古屋市|
一宮市|
春日井市|
岡崎市|
豊田市|
豊橋市|
岐阜市|
四日市市|
津市|
大阪府|
兵庫県|
京都府|
滋賀県|
和歌山県|
奈良県|
大阪市|
豊中市|
吹田市|
高槻市|
茨木市|
枚方市|
寝屋川市|
八尾市|
東大阪市|
堺市|
岸和田市|
岡山県|
岡山市|
倉敷市|
香川県|
徳島県|
高知県|
愛媛県|
高松市|
徳島市|
高知市|
松山市|
施工管理の派遣 入札情報 発注予定 建設会社 経審 特集 プレスリリース セミナー 商品案内 電子版について ネット広告 建設人 予算情報